飴色のたからもの


うちのひとが、家具をつくりはじめたころ。
わたしは、奈良のワンルームマンションに住んでいました。
電気のスイッチが微妙な位置にあって、その下までの高さに合わせて食器棚を作ってもらいました。
あれこれうるさく注文をつけて。



あれから、十数年経ち、、
何回も引越したり、いろんなことがありました。

いつの間にか、食器棚はパイン材ならではのきれいな飴色に変化しています。
時間だけが作れる色です。

a0158570_10465991.jpg


木、それぞれに個性があって、、感じられるものが異なります。
色白で硬く木目の詰まったメイプルは、凛としたかんじ。
ウォールナットは、独特の色合いが美しくて上品なかんじです。
そして、パイン材は、針葉樹ならではのあたたかい雰囲気や、肌触り。そして、時間とともにあらわれる美しい飴色は、日々の暮らしに、ほっとするような安らぎを与えてくれます。

長い時間を一緒に過ごす家具は、自分に合う木を選んでいただきたいといつも思っています。



いつも、ありがとう。 これからも、よろしくおねがいします。





家具工房 艸朴舎 ホームページ http://souboku.petit.cc/
[PR]