若宮神社と楠


うちから歩いてすぐのところに、ひっそりとした佇まいの神社があります。

若宮神社は、山添地区の産土神です。
言い伝えによると、中世に勝浦岳の神を観請したことから、若宮と呼ばれているそうです。
祭神は、応神天皇とその子、仁徳天皇。一説には、宗像神の御子神ともいわれているそうです。

石段を上がると、苔に覆われた境内に大きな楠の老木が生えています。
樹齢800年以上といわれているそうです。
お社の上高く、太い枝を広げています。


a0158570_961386.jpg


a0158570_965447.jpg


a0158570_9405898.jpg



内からくる量感

ただ、そこに在るという存在感





この樹が生きてきた時間を思うと、ほんの一瞬ですが
近くに住まわせていただいて、、ありがとうございます。



家具工房 艸朴舎 ホームページ http://souboku.petit.cc/
[PR]